二の腕の贅肉が強調された時の思い。

セーターの袖に腕を通した時です。そのセーターは、購入した時から割とピッタリとはしていたのですが、1年経って着てみると二の腕がパンパンに膨らんでいる感じで、セーターも随分と伸びてしまっている感じでとても窮屈でした。パッと見た感じも美しくなく、二の腕についた贅肉をより強調した感じになっていました。セーターですから伸縮性もあり動くことにはそれほど違和感を感じることはないはずなのですが、この時はさすがに違和感、更には不快感を伴いました。腕を挙げるとその感覚がはっきりと分かったのです。とにかく、窮屈感満載って感じで。ですから、即、そのセーターは脱ぎ捨てましたが、自分のパンパンに膨らんでいる二の腕が脳裏に焼き付いてしまい、何とも言えない不快感は脱ぎ捨てることができず、何とかしなければとひたすら思い続けていたように思います。 府中 脱毛