借金返済プラン

新聞の折込広告、スポーツ新聞紙、電話ボックスに配布された宣伝チラシや郵便広告で、「負債の効率化やります」「債務を一本化したくありませんか」というような売り言葉を見ることがよくあります。

「整頓業者」「買取業」「紹介人」という名称の悪徳企業のだまし広告の場合があるのです。

使った場合には自己破産申し立てフローの中で最重要な免責決定を受け取れないリスクもありえます。

「整理業者」はビラなどで多重負債者を寄せ集めサービス料を出させて借金整理をしますけれど本当は整理はされず、借金者はもっと借金スパイラルに堕ちてしまう場合がほぼすべてになります。

「買取業者」の場合は、債務人のカードで、デジタル用品、飛行機のチケットを大量に買わせて、依頼者からこれらの品々を買った値段の2割あるいは半分で購入するというやり方が知られています。

負債者は一時的には現金がもらえますがそのうちクレジット業者からの商品価格の売値の支払い要求が送られて来ることになり、借金をアップさせるだけです。

このときはクレジットカード企業へ犯罪とされてしまい免責許可をもらえなくなります。

「紹介者」の場合大手貸金から貸してもらえなくなった負債者に対し、ダイレクトな金貸しはせずに、提供をしてもらえる異なる企業を知らせて、高額な経費を請求する悪徳業者です。

紹介業者は自らのつなぎでお金を貸し出し可能となったというようにしゃべりますが現実は何もしないでシンプルに調査の通りやすい会社を分かっているというだけです。

この場合も実際は借金を悪化させる結末となります。
借金を減らす方法