私が借金をしてしまった理由

書籍の宣伝広告、ゴシップ新聞、電話ボックスに見られるビラやダイレクトメールで「多重負債の整頓任せてください」「多重債務を一本化したいと思ったら」といったアピールを目にすることがよくあります。

そういったものは、「整理屋」「買取業者」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳業者の嘘広告のときもあるのです。

このようなものを利用した場合には自己破産フローの中で最も重要な免責認定を受けられないリスクがあります。

「整理屋」はビラなどで借金のある人をおびきよせ法外な料金を受けて債務整頓を行いますが、現実には借金整頓はされず、依頼者は債務スパイラルに堕ちてしまうときが9割方と考えてください。

「買取業」というのは債務者のクレジットカードで、デジタル用品、飛行機のチケットなどを山ほど購入させて、依頼者からその品目を値段の2割から半値で購入するという手口のようです。

負債人は金が増えますがいずれクレジット会社から購入物の請求がくることになり、借金を悪化させる結末で終わります。

このケースだとクレジットカード企業へ詐欺であるとされて免責が手に入れられません。

「紹介者」の場合は、大口の貸金業者から借りられなくなった債務人に対してダイレクトな提供は一切せずに、貸出をしてくれる店を教え、高すぎる費用を取っている企業です。

紹介人は手の込んだ手続きで資金提供可能となったというふうにしゃべりますが、実際には何もしないままシンプルに選考のゆるい企業を把握しているだけです。

このケースだと債務を重ねる結末となります。
http://kodomo.xn--xckq9gya9aygb5784d7i0c8vwd7te.com/