総量規制による主婦のキャッシングへの影響

簡単な手続きと実際にお金が借りられるまでの素早さが魅力となっているキャッシングですが、その利便性の高さが災いとなって自分の返済能力を大幅に超えてしまうような借金を作ってしまう人が増加したことが一時期、社会的な問題となりました。
そこで多重債務者の増加に歯止めを掛けるための手段として、貸金業者の業務を規制している貸金業法が見直されることになりました。そして改正貸金業法ではあらたに総量規制という、貸金業者が利用者に対して貸付を行える額に関しての上限を定めたルールが導入されることになったのです。
総量規制では、利用者の年収に応じた貸付額の上限が定められるようになり、利用者本人の返済能力を大幅に超えるような借入れが事実上不可能となったのです。また、従来では見逃されがちであった無職の人へのお金の貸付けもできないようになったのです。
そのため、専業主婦などの収入のない人の場合、キャッシングの利用は不可能となったのです。
ただし、主婦であってもアルバイトやパートなどで収入を得ている人の場合には、従来通りにキャッシングの利用は可能となっています。
こちらでフリーローン低金利FT126について書かれていますので参考にして下さい。